それをジャーニーと言うのなら(トリプルネガティブ乳がん経過観察中)

2021年8月に乳がんの告知を受けました。サブタイプはトリプルネガティブ。突然キャンサージャーニーcancer journey が始まってしまいました。

職種はコールセンターのオペレーターです。

アルバイトなので、罹患した時にさっさと辞めても良かったのですが
仕事はやっぱり続けた方がいいのかな?
と迷っていたところ、会社側も、復帰はいつでもいいですよ、と言ってくれていたので、まずは治療に専念することにして休んでいました。

放射線治療が終わりに近づいてきたころ、復帰について考えました。

仕事、出来るのだろうか。

思い出した…ストレス。

そもそも、いつ辞めるか?
と悶々としていた頃、乳がんが発覚したのでした。

わたしのような年齢で、病気になったら長期で休ませてもらえるような優しい職場です。

この仕事を失くすのは、惜しい気もしますが、当時、身体と心が蝕まれた事を思い出しました。

どうしても、今の自分が、あの場所で勤務している姿をイメージすることが出来ませんでした。

そして先日、意を決して、会社(上司)に退職したいと伝えました。

わたしの思いを理解し快諾してくれました。
有難いことに、有休消化までしてくれるとのこと。

良い会社なのです。

仕事内容はともかく、こんな良い会社にいられて良かった、と思いました。

辞めると決めて、スッキリしました。

スッキリすることが、今のわたしには必要なことのような気がしています。

job_telephone_operator









にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

まだまだ体力が罹患前のようには戻らず、気力も今一つ。

だけど治療が終わったことで、モチベーションは上がり始めています。

何より、夫がわたしの『病み上がり』を認めないので、ぐずぐずしていられないと言いますか。

夫はわたしに、もうとっくに治っている、元どおりだよ!と言い続けるので、まあ仕方ないな、と
夫の前では弱音?を吐かず過ごしています。

夫は、とにかくわたしが、身体にせよ精神にせよ、不調だと伝染してしまうのです。(何度か書いていますが)

夫が臥せると面倒なので(笑)わたしが通常モードでいることが、わたし自身の為でもあります。

家族としての気持ちは、わかり過ぎるほどわかるので、わたしは元気でいないとね!

それに『言霊』ってあると思います。

やっぱりマイナスイメージな言葉で表現するより、プラスイメージな言葉を使う方が、気持ちは前向きになると思うし、言葉に出したようになるということもあると思っています。

夫のポジティブな言葉は、わたしのネガティブ思考を救います。

そして今さらですが、『病み上がり』より『サバイバー』と言ってみようかなと思うようになってきました。

一応、定義としては、がんと診断された、がん体験者全員が『がんサバイバー』なのだそうですね。

言葉だけは知っていましたが、何となく照れくさいような、わたしのことじゃないような気がして使えずにいた言葉でした。

『がんと向き合いながら生きる』という意味が込められているらしいのですが、向き合えてるかな?向き合おうとしている途中だけどな…

その過程にある、ってことで。

drive_date_couple_woman






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

乳がん罹患前からずっと左目の調子が悪くて、左側だけ見えにくく、加齢のせいでコンタクトレンズが合わなくなってきたのかな?
と思っていました。

それでも運転しないから、まあ、そのうち眼科に行けばいいやー

と、ずーっと思っていたのです。

そのうち乳がんになって治療中だったから眼科のことは後回しになっていました。

それが、一昨日書いた通り、運転を再開することになったので、いよいよ重い腰をあげて、眼科に行くことになりました。

目が見えにくい事が眼精疲労に繋がり、頭痛がするようになる(こともある)。

このありがちな構図ですら、今のわたしにはちょっとした恐怖です。

もしや?
脳に何か起きていたりして?
視神経を圧迫してたり?
いやいや…
さすがにないよね。

そう思いつつも、眼科で一連の検査(視力、眼圧、視神経等々の検査)を受けているときは、なんだか怖かった。

何かあるなら早く発見された方がいいけど、とまで思ったりして。

幸い結果は異常なしで、新しいコンタクトレンズを作れることになりました。

それにしても、左側ばかりが悪くなることに何か関連性はあるのでしょうか、と思います。
(五十肩も左側だったし)

左か右しかないのだから、そんなのただの偶然かな。
偶然でしょう、きっと。

とにかく今日は、問診票に既往歴を書く必要もなくて、普通にコンタクトレンズを処方してもらいに来た人になれた。

そんなことが、何となく新鮮に感じました。

それでもわたし、やっぱり、普段(罹患前の状態)よりぼんやりしています。

動きが鈍いし、こりゃいかん、と思いました。

案内された椅子を勝手に動かして注意されたり、お会計、1460円を460円と聞き間違うし(そんな金額あり得ないのに)なんだか、自分にがっかりしてしまう。

ただ今リハビリ中~みたいな状態です。


ganka_woman



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ