とにかく治療は終わった。

終わったのだから、療養中には出来なかったことも、罹患前に、やろうと思っていたこと、やりたいと思っていたことをやろう。

行きたい所に行こう!

…等々、治療中は考えていました。

いやいや、あんまり気合い入れすぎたら、しんどいわ(笑)

普通の日常が一番幸せです。

季節の匂いを感じることや、当たり前に存在していたものが、ありがたいなぁ、と感じています。

ただ今回は、夫の協力のもと、半ば無理やり…
車の運転を再開しました。

車の運転なんて、日常的に乗っている人たちからしたら、普通過ぎる!という反応になることでしょう。

なぜ今さら?かと言うと、わたしは、ここ5年間、運転は一切していなかったのです。
ペーパードライバーというやつです。
運転も下手ですし。
通勤は電車でした。

ただ、気になっていたことは、この先、夫婦二人暮らしで、もし、夫が病気をしたり怪我をしたときどうするのか?ということ。

今回、わたしの通院時は夫が送迎してくれていました。

いざとなったらタクシーで、とも思っていたのですが、実際にはわたしの住む地域ではあまりタクシーは便利な乗り物ではありません。

おそらく地方なので、自家用車所有率が高く、タクシーは元々少ないのだと思います。

地方における、自家用車の便利さと必要性を感じた療養期間でした。

そして今回、わたしが主に運転する目的で、セダンから軽自動車に買い換えました。

整ってしまいました。

運転を再開する環境。

GW後半は、夫が助手席に乗り、特訓の数日間でした。

うまく車庫入れ出来ず、半泣きになることもありました~

それでもなんとか、勘を取り戻し??運転の楽しさを思い出しました。

少しだけ、前に進んでいると感じています。


IMAG4377



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村