また本の話です…。
(宣伝とかではないです~)

『がんが消えていく生き方』という本の、本当に冒頭のような部分なのですが

がんに対する捉え方で、なんだかとっても、心に、すとんと落ちたような、1番共感した部分かも、と思った表現がありました。


著者は外科医だったので、多くのがん患者と相対してきました。

そのときは、ずっと『三人称のがん』としてしか、がんという病気を捉えていなかった。
(彼のがん、彼女のがん)
しょせん、他人事であったと。

そして肉親ががんに罹患したとき、『二人称のがん』として捉えた。
(身近なあなたのがん)

でもまさか自分が、がんになるなんて思っていなかった。

自分が、がんになって初めて、『わたしのがん』だ、と一人称で、がんという病を捉えるようになった、と。

わたしも、友人や知人が、がんになったと聞いていても、母親をがんで亡くしていても、それは、三人称や二人称のがんの話でした。

ドラマやドキュメンタリーで見聞きする、どこか遠いところで起きている話のような気がしていました。

それが突然、『一人称のがん』に向き合うことになってしまいました。


当事者にしか分からない事が、山ほどありますもんね。

これから先もきっと、様々なシーンで、『一人称のがん』を感じていくんだろうなぁ。

わたしのがん、わたしはがん、ということは動かしようのない現実だけど、しんどいことばっかりじゃない、と思いたい…

IMAG4498


IMAG4458



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村