それをジャーニーと言うのなら(トリプルネガティブ乳がん経過観察中)

2021年8月に乳がんの告知を受けました。サブタイプはトリプルネガティブ。突然キャンサージャーニーcancer journey が始まってしまいました。

放射線治療後

もう2週間、まだ2週間。

日にちが経過してから現れる副作用もあると説明を受けています。

被曝してることは間違いないですしね。
何もないわけがないですね。

ところで、患部に描かれた黒い線が、まだ消えません。

もちろん、ちゃんと洗っていますが、ごしごし洗いは厳禁です。

まだまだ首もとが開いたシャツとかクルーネックは着られないです。

先日、夏物の洋服を買いに行きました。

麻のシャツを試着したところ、いろいろアレンジを加えてくれた店員さんが、2番目までボタンを開けてしまいました。(わたしは1番目だけを開けて試着していました。)

そして、ちらりと覗いたわたしの胸元を見たとき、ん!?という表情をしました。

わたしも気まずかったけれど、店員さんはもっと気まずかったでしょうね。
気を遣わせてしまってごめんなさい。

夏までには消えて欲しいところです。

すぐに消えてしまうと聞いていたのに個人差があるのかな。

消えない代わりに、肌着やタオルに色移りすることはなかったのでインクの違いかも知れません。

痛みは相変わらず、日焼けあとのような痛みと、ズキンとした痛み。

バッグのショルダー部分が当たると、痛い!あ、そうだった。わたし、こっちを切ったんだった。と思い出す日々です。
(日常的にはけっこう忘れて生活しています。)


IMAG4418



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

とにかく治療は終わった。

終わったのだから、療養中には出来なかったことも、罹患前に、やろうと思っていたこと、やりたいと思っていたことをやろう。

行きたい所に行こう!

…等々、治療中は考えていました。

いやいや、あんまり気合い入れすぎたら、しんどいわ(笑)

普通の日常が一番幸せです。

季節の匂いを感じることや、当たり前に存在していたものが、ありがたいなぁ、と感じています。

ただ今回は、夫の協力のもと、半ば無理やり…
車の運転を再開しました。

車の運転なんて、日常的に乗っている人たちからしたら、普通過ぎる!という反応になることでしょう。

なぜ今さら?かと言うと、わたしは、ここ5年間、運転は一切していなかったのです。
ペーパードライバーというやつです。
運転も下手ですし。
通勤は電車でした。

ただ、気になっていたことは、この先、夫婦二人暮らしで、もし、夫が病気をしたり怪我をしたときどうするのか?ということ。

今回、わたしの通院時は夫が送迎してくれていました。

いざとなったらタクシーで、とも思っていたのですが、実際にはわたしの住む地域ではあまりタクシーは便利な乗り物ではありません。

おそらく地方なので、自家用車所有率が高く、タクシーは元々少ないのだと思います。

地方における、自家用車の便利さと必要性を感じた療養期間でした。

そして今回、わたしが主に運転する目的で、セダンから軽自動車に買い換えました。

整ってしまいました。

運転を再開する環境。

GW後半は、夫が助手席に乗り、特訓の数日間でした。

うまく車庫入れ出来ず、半泣きになることもありました~

それでもなんとか、勘を取り戻し??運転の楽しさを思い出しました。

少しだけ、前に進んでいると感じています。


IMAG4377



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

昨日の、さくらんぼ。

初物だったので、ドライブ中の道の駅で見つけて、買ってすぐに車中で食べました。

初物…で検索すると、上記タイトルのようなことわざが書いてありました。

東の方向(西という説もあり)を見て笑いながら食べるとご利益があるとか。

もちろん、ただの言い伝えです。

何の科学的根拠もないことです。

それでも、この手の迷信(寿命とか長生きとか)に敏感になってしまったわたし。

こっそり祈ってしまう。

75日も(2ヶ月半!)寿命が延びるなら、食べますよ。

初物を見つけては食べる、っていいかも知れない。

道の駅では、多くの初物に出会えます。

夫とドライブついでに、初物探しを趣味にするのもいいかも知れません。

IMAG4379



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

GWも後半。

いよいよわたしにとっても、一歩踏み出す時が来たなぁと感じています。

わたしは、昨年の夏に乳がんになってからというもの、家族以外と出かけることも、食事をすることもやめていました。

その理由は、思えば4つあります。

1つめ、もちろん体調が悪かったこと。

2つめ、感染症の蔓延時期とぴったり合ってしまっていたこと。

3つめ、わたし自身の精神が内向的になってしまっていたこと。


そして4つめ、他人と会いたくない(会えない)と思っていた(いる)大きな理由は、やっぱり髪なのです。

ウィッグが気に入らないわけではないのです。

ただ、抗がん剤で髪の毛が抜けて伸びていないことが、心に殻を作ってしまう。

少しの時間ならいいのです。

ちょっと立ち話、ぐらいなら。

脱毛が嫌で、抗がん剤を拒否したいという人もいるようです。

わたしは、そこは割りきれたのです。

やっぱり価値観はそれぞれだな、と感じます。

当事者にしかわからない、究極の価値観かも知れませんね。

脱ウィッグまであと3ヶ月ぐらいでしょうか。

さすがに、あと3ヶ月も足踏みしているわけにもいかないですね。

じわじわと、ゆっくりと、歩を進めていきたいと思っています。



今日、さくらんぼ(桜桃)を食べました。
初物は縁起が良いとか?
笑って食べました。

IMAG4380
IMAG4381

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ